2018/5/12,13 デザインフェスタ東京和紙すき体験

こんにちは。 東京和紙の篠田です。 今回は、デザインフェスタで開催する東京和紙すき体験のご紹介です。 デザインフェスタは今回で2回目の出展です。 前回とは趣をかえた和紙すき体験となっています。
2018年5月12日13日の両日、デザインフェスタにて和紙すき体験で出展します。

デザインフェスタとは

様々なクリエイターが東京ビッグサイトに集結したイベントです。 ハンドメイド作品やアート展示だけでなく、ライブやパフォーマンス、ショーなどもあるまさに巨大な学園祭といったイメージです。

前回の東京和紙は?

前回は、販売をメインとしたブースで初出展しました。

前回のブース展示

ちょうど角のスペースだったので、ワークショップエリアと商品販売のエリアと分けて展開しました。

和紙すきデモンストレーション風景

和紙すきのデモンストレーションでは、たくさんの方が足を止めて一つ一つの作業を食い入る様に見て頂きました。

今回のデザインフェスタでは?

今回は、より沢山の方々に和紙すき体験にご参加いただける様にワークショップブースにて出展することにしました! 今回のブース№はC-19です。(西2ホール)

拡大配置図

今回は、入口から近いのですぐに見つけやすいところになっていますよ。

前回とは違う内容の和紙すき体験

前回、様々な方々に和紙すき体験をして頂きました。

前回の和紙すき体験風景

しかしまだまだ興味はありそうなご様子ですが、実際体験までいかなかった方々も多く見受けられました。 「体験時間が長い」 「体験料が高い」 というお声を様々頂きました。 「小学校の時にやった」という声も多数いただきました。 どうしたら数多く体験頂けるだろうか、どうやったらまた体験したいと思ってくれるかどうかを色々考えました。 他のワークショップブースはどうしてもカラフルで魅力的なところばかり。 和紙はベースが白なのでなかなか地味な印象を受けてしまう。 そこで、今回は「小さくて可愛いもの」を目指すことにしました。

今回の和紙すき体験

サイズをカードケースにしてコンパクトにしました。 白地のベースは変わらないのですが、さらにカラフルで様々な形の色和紙をご用意して ポップで可愛い和紙カードを作って頂くことにしました。 しかも3枚同時にすくことができます。 ちょうど、5/13は母の日でもありますので、お母さんへのギフトカードとしてもピッタリですね。 体験時間も15分に短縮しました。(乾燥時間は別) ワークショップは和紙すきが中心ですが、オプションとして和紙の原料作りも体験することができます。 体験料は、1000円です。(オプション料金は別途) (デザインフェスタへの入場料は別途必要) 開催時間は、11:00~19:00(最終受付時間は18:30) 大人から子供まで楽しめるワークショップとなっています。 デザインフェスタ内で和紙すき体験ができるのは東京和紙のみです。 会場となる東京ビッグサイトまでのアクセスはこちらをご覧ください。 めったに体験できない伝統工芸体験をぜひこのチャンスに楽しんでくださいませ。      


Instagram