①楮の木を刈取り(楮は落葉低木)

春先の楮(こうぞ)

冬場の楮(葉は枯れて落ちてしまって枝の状態)

刈取り時期は、12月~1月頃

長さを揃えて蒸しあげる。(約3時間弱)

蒸しあがったら、芯の部分と木の皮を分ける。

左側が皮で右側が芯の部分

①Cut down

Cut down Kouzo from December to January.

Then cut it same length (about 75cm), steam about 3 hours.

After steamed, separate to barks and core sticks.

②皮剥ぎ(かわはぎ)

ヘラで木皮の表部分となる鬼皮と次の甘皮を剥いで、白皮にする。

(和紙は楮の白皮から出来ている)

他にも「かずひき」や「表皮とり」とも言う

②Peel off outer black barks

Barks of Kouzo has 3 layers. From outside, black, green, white.

Use knife, separate it only white bark.

(Washi is made by only white bark )

③煮熟(しゃじゅく)

表皮を剥いだ白皮は、水に晒して自然漂白。

晒した後は、純粋な繊維だけを取り出す為に鍋で煮る。(約3時間)

(不純物を取り除くためにソーダ灰を加える。加えることで繊維が柔らかくなる)

煮え上がったら、アク抜きをする為また水に晒す。

③Boiling

Soaking white bark Kouzo in water (not use bleaching)

Boil it about 3 hours with alkaline chemical (sodium carbonate* is popular) purpose to soften and get pure and clearly fiber.

After boil, soak in water again to wash away unnecessary ingredient .

④塵取り(ちりとり)

白皮についた不純物や傷を取る作業。

1本ずつ小さな「ちり」を丁寧に取り除いていく。

「チリより」とも言う

④Remove specks

Even though after soaking, some black barks or specks are remained at white bark Kouzo, so remove it by hand.

⑤打解(だかい)または叩解(こうかい)

木の棒で白皮を叩く

叩くことで繊維が細かくほぐれる。

ほぐれた小さな繊維を「紙素(かみそ)」と言う。

叩いたものを水の中に入れるとほぐれ具合が分かる。

(ふわふわした感触が感じられる)

現代では、機械で叩くこともある。

⑤Beating

Beat well white bark Kouzo to disperse to minimum fiber.

Use woody-bar by hand or beating machine.

To check dispersed or not, put beated white bark Kouzo water and mix

⑥ネリ

ネリは、水中で白皮の繊維を均一に分解させる大切な役割。

(水だけだと繊維は下に沈んでしまう)

主にトロロアオイの根を叩いてネバネバした溶液を使用する。

⑥Neri

Neri is viscous liquid from roots of Tororo-Aoi, very important to make Washi.

keep float Kouzo fibers in water.

⑦和紙漉き

漉き舟の中に叩いた白皮と水とトロロアオイのネリを入れて攪拌。

主に木枠の「桁(けた)」に挟んだ「簀(す)」(竹ひごや萱と絹糸で編んだもの)の上に

水中の白皮の繊維を平らに敷き伸ばすことが漉きの作業。

漉き方も、流し漉き・溜め漉き・流し込み等様々。

漉き上がってまだ水分を含んだ状態の和紙を「湿紙(しとがみ)」と言う。

その湿紙(しとがみ)を一枚ずつ重ねて置いていく。

重ねて置いた状態は「紙床(しと)」と言う。

⑦Papermaking

In papermaking vat, put water, beated white bark Kouzo, Neri, then mix well.

Use ’Su-geta` *, scoop up the liquid in papermaking vat several times till get optimum thick .

*’Su’is screen made by bamboo or saw grass weave with silk. `geta` is wood mold.

To make washi, always put ’Su’between `geta`, so that’s called ’Su-geta`.

Then wet paper on `Su` is once stacked , colled `Shito`

There are some techniques to make paper, Nagashizuki, Tamezuki, Nagashikomi, etc.

⑧紙干し

紙床(しと)を板に挟んで圧搾機などでプレスして、水分を搾り出す。

搾った湿紙(水分を含んだ状態の和紙)を一枚ずつ剥がして刷毛で板などに干して自然乾燥。

(ネリが効いているので湿紙(しとがみ)を重ねても綺麗に剥がすことが可能)

熱い鉄板などに貼りつけて乾燥させる方法もある。

乾いたら、傷やゴミがついていないか検品して完成!

⑧Drying

Press ` Shito `.

After that, wet paper can peel off each one effect of Neri.

Paste each sheet on board with brush, dry under the sunshine.

Using steam drying machine is popular.

After dry, check specks or scratches, then finish.

 

 

※複製、転載厳禁!©東京和紙